はじめに  ないよう  どこで  おいしい  らんたん  れんらくさき 


わっさむハロウィーン2017は、9―10月開催!

2017年の見込み(4月現在)

イベント日の1週間以上前から、10月31日ごろまでハロウィーンカボチャ、ジャックオーランタンの展示
イベント当日午前9時―午後2時ランタン掘り体験、早彫りに挑戦
イベント当日午前9時―午後2時プチマルシェ
イベント当日午前9時―午後2時のうち、設定する時間帯仮装ファッションショー、パレード
イベント当日午前9時―午後2時のうち、設定する時間帯展示車来場



2016年10月29日(土)当日の写真


































2016年10月29日(土)当日のスケジュール

午前9時スタッフが準備開始
午前10時マルシェ(市場)開店、和寒シーズ、れすとらん四季、カラオケI・RO・HAレインボー
午前11時会長あいさつ、ジャックオーランタン作り開始、子供メイクの当日受け付け開始(300円)、 郵便局、ネイルアート開店
午前11時30分町内申し込み子供の仮装開始
午後0時30分-同1時20分「わっさむハロウィーン2016ツアー」のかぼちゃランタン作り
午後1時仮装ファッションショー(先着50人)開始
午後1時-同30分当日受け付けの子供メイク(300円)
午後1時50分出発式、来賓あいさつ
午後2時-同3時30分行進とトリックオアトリート(ひだまり→国道→神社前の信号→大通り→ひだまり、約1km) *雨天時は中止の計画でしたが、当日は小雪で実行。

トリックオアトリートは臨時駐車場などに設置する3カ所で実施。お店やお住まいへの訪問はしていません。

午後2時10分-同30分「わっさむハロウィーン2016ツアー」のわっさむマルシェ
午後3時マルシェ(市場)閉店
午後4時ランタン点灯
午後4時-同15分「わっさむハロウィーン2016ツアー」のランタン点灯体験
午後4時25分日の入り
午後5時フィナーレ、会長あいさつ



2016年の子供仮装

参加者和寒町保育所と和寒小学校の児童約60人、3年生以下は保護者同伴
内容主催者が参加子供にメイクをして、行進などに参加
募集9月2日金曜日まで
日程午前11時30分仮装開始、随時登場、行進は午後2時-同2時30分
会場和寒町交流施設ひだまり *行進は「ひだまり-国道南下-大通り北上」(雨天時は行進中止、仮装は実施)行進途中の指定会場で、トリックオアトリートを実施
参加費1人1000円(保険、飲み物、昼食、メイク材料、記念品)、当日支払い。* 保護者の昼食は各自で用意
持ち物衣装は、各自で用意
注意メイクするにあたり、アレルギーがある方、皮膚が弱い方は事前に相談して下さい



2016年の仮装ファッションショー

先着50人。午後1時から、子供も大人も参加可。無料。


発足の経緯

 わっさむハロウィーンプロジェクト(鈴木健一郎会長<2017年4月~>)の構成員は、「日本でも徐々に人気が高まっているハロウィーンのイベントは『カボチャ日本一の和寒町』でこそ開催を」という町内外の声を以前から耳にしていました。

 2015年7月10日には和寒町着地型観光推進協議会(奥山盛会長)が発足。同会が企画する2015年10月31日(=ハロウィーン)の来町ツアーでは「カボチャ」と「ハロウィーン」を生かした演出を実施して参加者に好評でした。

 また、子供の体験を応援しようと2015年4月1日に発足した北のきらきらキッズプロジェクト(近藤俊人理事長)が2015年11月8日、高校生と大学生を招いて開催した「まちづくり討論会」でも「和寒ならではのハロウィーンイベントを」というアイデアが挙がっていました。

 これらのことから、2015年12月8日、これらに関わった町民有志がわっさむハロウィーンプロジェクトを発足しました。



事業の目的:ハロウィーンを活用して和寒町特産品のカボチャをPRすることを軸に和寒町のまちおこしを図る。
事業の概要:和寒町民が主体となったハロウィーン時期のまちの賑わい創出を図るため、事業を実施。



わっさむハロウィーンプロジェクト規約(2015年12月8日、pdf)




連絡先:合田俊幸(ごうだとしゆき)、電子メール:toshiyukig@hotmail.com 、ショートメール・電話:09083753481、ファクシミリ:0165-32-4600(塩狩ヒュッテ)